寺茶房 ちょっと処

   

       5月のお知らせ!!

 

 

   どんなところか、ちょっと覗きにきてごらん!

     時間を楽しく、大切に過ごしませんか・・・・。

     最近のお天気は、急激な変化が多いでね。

     雨上がりの新緑は良い香りがしますね。

      

     5月14日・・・・  写経・写仏をいたします。        

        ★次回は手作りの御朱印帳も紹介いたします。

   お気に入りのハンカチとか手ぬぐいとか等々で表紙を作りま

   しょう。     

         参加費・・・・・1000

       必要なものは、ご用意いたします。

 

      ご予約は、写経・写仏・いずれも

      0436-50-8188 まで。

     問い合わせ housen_cyo@smail.plala.or.jp  

                    注・ housenの次は、_アンダーが入ります

  

          下のような手ぬぐいは素敵ですよ!               

 

御朱印帳作り

 

ご朱印帳が手作りできるなんて❢

凄く喜んでくれましたよ。とっても丁寧に作ってくださり有難いです。

 

千代紙を使って作ってみました色使いで雰囲気がそれぞれに違いますね。

どれもとても素敵です。

4月23日

市原市五井会館にて 市原地区更生保護女性会総会の中で、50分という貴重なお時間をいただきまして、『あいうえお・かきくけこ』大きくまとめると『楽しく生きるためには』についてお話しをさせていただきました。皆さま熱心に聞いてくださり感激でございます。

ゆっくりと落ち着いてお話ができたと思います。。。良かった❢

 

4月1日は花まつり

 

お釈迦様がお生まれになられたときに八大竜王が甘露の雨を降らして歓喜したといわれております。

 

甘茶をおかけして、お釈迦さまのお誕生をお祝いいたします。

 

法要後には、お菓子が入ったお菓子袋を子どもたちにプレゼントです❢

 

なんと大人たちもお菓子袋のリクエスト❢・・・・だよね。私も駄菓子は大好きです。

 

三月はお彼岸ですね。・・

 

3月18日に春彼岸会をいたします。

先祖様に感謝とご供養の心をお伝えいたしましょう。

 

ペット達のへの想いもお伝えいたしましょう。

 

 

 

           法泉結社春彼岸会

           3月18日 (日)

            午前10時~

      節分会で嬉しかったこと・・・・パフパフ❢

 

先日は、近くの老人ホームへ節分会のお祓いをしてまいりました。

今年で3年目になりますが、昨年は、施設でインフルエンザが流行り残念なことに中止になりました💦

今年は、どうにか開くことができて皆さんの笑顔に会えました❢

良かった。

お爺さんが、法話の後に駆け寄ってきてお年玉袋を手に握らせてくれました。なんと❢

「ありがとう。楽しかったよ。」って。嬉しいです❢

その言葉にウルウルしちゃいました。

 

 

いのちの日の

 

法要

 

 

???いのちの日って何???ってまず思いますよね。それは・・・・・・

 

私たちが、日々いただいている食事はたくさんの動植物の命です。

 

私たちの身体は、たくさんのそのような命で保たれています。

 

普段は当たり前のように食事をしています。その当たり前のようにいただいている

 

命に感謝をする日なのです。

 

それと大事なことの意味がもうひとつあります。

 

私たちに命の儚さと愛おしさを 教えてくれたペット達・・・・。

 

愛犬や愛猫たちが残してくれた、形にも、言葉にもできない、

 

さまざまな宝物を忘れないで下さい。

         11月26日 日曜日・・・・・・・1時より

11月5日の日曜日❢

結社のお会式でございます。736遠忌報恩謝徳。

日蓮聖人がお亡くなりになられた10月13日を中心に、全国各地の日蓮宗寺院では、お会式(おえしき)が営まれます。

日蓮聖人が亡くなられた時、庭先の桜(お会式桜)が時ならぬ華を咲かせたという故事から、万灯は紙で作った造花で灯明輝く宝塔を飾っています。

 

今日10月8日

龍神さま・水神さま報恩感謝祭

 

朝夕肌寒さを感じるようになりましたね。

日ごろのご守護を感謝して

宝珠を浄化し新たにパワーを❢

 

 

8月7日の写仏

 

龍神を描いてみました。(^^)/

薄墨で濃淡をつけてみました。信徒さんは、結構迫力があるぅ~。と、ありがとう。風邪ひきだったので・・・どんなもんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

今年も熱い11月がきました

 

我と思う方は是非ご応募ください。

不思議なお山・・・七面山を爽やかに駆け抜けてみませんか。

     盂蘭盆施餓鬼会・・・・8月6日です。

ご先祖さまにこころを込めてご回向いたしましょう。おばあちゃんやおじいちゃん

又兄弟だったり、お世話になったおじちゃん、おばちゃん

私は元気にやってます。だから心配しないでね。

 

 

 

 

 

 

 

大好きな滝です❢

ここの空気を吸うと身体の芯まで洗われるような・・・・神々しさと厳しさと優しさを感じます。

でも邪心を持った人は、身体の調子が悪くなっちゃうって・・・。

私もこわごわ行きました❢

今とても大好きな場所です。

お寺で一日過ごしませんか?

都会を離れて、ちょっぴり里山の時間を過ごしませんか?

普段気になっている事やこんな時だから聞きたい・・・・とか。気軽に話しませんか。

写仏をしたり、自分の為に自分が作る御守り作り。御守りを作ったら、仏さまのエネルギーをその御守りに注入!

願いを込めて作りましょう。

初めてでも大丈夫。

参加費は、一人5000円です。

必要なものは、こちらで用意をいたします。詳細をお知りになりたい方は、お電話で・・・・。

 

 

           0436-50-8188 まで。

    又は 問い合わせ housen_cyo@smail.plala.or.jp  

                    注・ housenの次は、_アンダーが入ります

            次回は、6月13日

               10時より

         4月の唱題行

 何かを始める為にとても大切なことを神仏に教えて頂きましたよ❢

頑張れる、チャンスをいただけました。

良かったね❢

心が豊かに感謝できる、そんな風に過ごしたいね。

     池上本門寺千部会

今年の千部会でございます。

初日は曇りのお天気で参拝の方も少なく、残念❢

中日、最終日はとても爽やかなお天気で心も軽く吹く風も心地よかった(^^♪

今年も出仕できて嬉しい❢

          

   花まつり

 

境内の桜が綺麗に咲きました。八部咲きですが濃いピンクの花びらが春を運んでくれました。

結社の花まつりは。。。。4月9日でこざいます。

お釈迦さまのお誕生を歓びお祝いいたしましょう!

 

 

植木屋さんが、桜の木の下枝を下したのでその枝を本堂に生けてみました(^^♪

唱題行に参加しませんか

 (都合で曜日が変わる場合があります。)

 ★毎月最後の日曜日

 午後6時~7時まで

    (参加自由)

心と身体を開放して、法華経・お題目をお唱えいたしましょう。

ろうそくの向こうに神仏の神々しい世界を感じましょう。

日蓮聖人が大切にした「法華経」には、どのような人でも全て平等に「仏の心」(仏性)が備わっていると説いてあります。それは、人だけではありません。動物も植物も大地も、全ての生きとし生けるものに「仏の心」はあるのです。その全ての仏さまに感謝し、手を合わせるのが、お題目=「南無妙法蓮華経」の世界です。

「南無」とは、一心に仏を信じること。「妙法蓮華経」の五字には、お釈迦さまが多くの人を教え導いた智慧と慈悲の功徳が、全て備わっているといわれています。

全てに備わる「仏の心」を信じ、この「南無妙法蓮華経」のお題目を口に出して唱えることで、自分のなかにある「仏の心」をも呼び現していこうとしているのです。

 

もうすぐ春のお彼岸ですね。

結社では、19日の日曜日に営みます。

 

昨日の12日に、師僧の100日忌・納骨の供養を営みました。

師僧の想いがあり、ご遺骨を三つにわけて一つを無縁さんの墓所に散骨してくれと・・・・。

自分がそこに埋葬されれば、お参りに来た人が手を合わせてくれる人が増えるから無縁さんにも良いことだから・・・・と。

無縁さんの墓所に散骨した時・・・・白い煙が立ち上って・・・・『じゃあな。』と言っているように思え、涙が出ました。

久し振りの更新です<(_ _)>

暮れには、師僧が遷化なされ大変な年明けとなりました。

今の結社の板曼荼羅は、開堂の際に師僧が彫ってくださった曼荼羅です。沢山の気付きをくださいました。そして今日は、七七日忌の法要の席でお経を唱えさせていただきました。ご遷化なされた事実は理解しているのですが・・・・・

当分現実逃避しそうです。

平成29年

明けましておめでとうございます。良い年になりますように

  日蓮聖人のお母さまの

     750遠忌

身延山思親閣にて宗門法要に出仕いたしました。女性だけの法要は初めてのこと。沢山のお参りの方で本堂はいっぱいでした。

 

日蓮聖人の親を思う尊いお気持ちは今も私達の心に響きます。

10月は、お会式ですね。結社は11月6日!お会式です

11・12・13日は池上本門寺にてお会式です。減らない体重に悩み、正座の苦しに耐える所存でございます。

11月は、結社のお会式でございます。焼き鳥・焼きそば!これが又美味しいのです。

ビンゴもありますよ~どなたでも参加できます!

  盂蘭盆施餓鬼供養

 

 8月7日結社の盂蘭盆会です。

アッつい日ですが、信徒さん達は、一生懸命にいらっしゃいましたよ。その志は先祖さんに届いている筈です。

そして神仏にもその手をあわせ祈る姿❢

今年は、鹿児島の信徒さんからお花が

届きました。とても色が綺麗ですねぇ。

ご宝前が明るくなりました。

ありがとう❢

ご縁をいただきました❢

今日は、結社から車で20分位の所にあります。老人ホームに行ってきました。

何しに行ったのかと申しますと1時間ていう貴重なお時間をいただきお話しをさせて頂きました。実際1時間30分も話していたようです。💦これには、自分も

びっくりでした。

        あの日から5年・・・・

福島の原発から5年が経ちました。

今日テレビで双葉町からほかの町に移り住んだ夫婦のことが取り上げられていました。

当時夫婦は、酪農を営み牛50頭を飼っていました。避難していても餌をあげたいという気持ちがあふれて、一時帰宅の許可が下りた時には、いてくれるよね。 と不安の気持ちが溢れていたそうです。

家に着いたときに迎えてくれたのが一頭の牛でした。すぐに名前が浮かんだそうです。

見ればすぐ分かるよ。 逸る気持ちで牛舎に行ってみると・・・・。

そこに映った映像は、とても悲しいものでした。夫婦は手をあわせ ごめんね。ごめんね。 と涙を流していました。悲しい!見ていて涙が溢れます。

どんな思いで過ごしてきたのか・・・・。移り住んだ町で農業をしているけれど、何かなじめない・・・・とご主人が・・・。辛いです。本当に辛いですね。

福島の原子力が止まっていても私たちは、生活ができます。

熊本の地震で又不安が・・・・。

どうか、安心して穏やかに暮らせる世の中になることを願います!!

 

 

高滝ダムの菜の花

 

 

今年は、菜の花と桜が一緒に咲いてとても綺麗で、華やかです。

この菜の花は、周辺の高滝ダムのそばに咲いています。少しですが、ダムが見えます。

 

 3月13日は結社の春彼岸会でございます。

 

         今年は、東日本大震災から5年が経ちました。

  3月11日は、あの時のように昼頃から雲がひろがりとても寒い日でした。

2時46分に鐘を鳴らし、黙祷を捧げました。被災なされた方々を想うと目頭が熱くなり、                           胸の奥が痛くなります。  合掌

               南無妙法蓮華経 

 

 

お蔭さまで良いお天気になりました。
吹く風もさほど寒くなく外の時間も苦になりません。

無事に49日のご供養と納骨を済ますことが出来ましたね。
新しいスタートに立ち緊張もしますが、必ず願って進めば道は開けるものです。
諦めずに卑下せずに前向きに日々を重ねていきましょう!

ふと思ったことは、子どもに先に逝かれてしまった親はどんなにか寂しく辛いのだろうなって・・・。
皆の陰に隠れてしまって分からないことがたくさんあるけれども頑張っていますよ・・・・。
どうぞお身体を大切にたくさん楽しんでくださいね。
この季節は、梅の花が満開てす。この香りと梅の花を見るときっと今日の事を思い出すでしょうね。


国立劇場の声明公演無事に終えました。

1610席全部完売でした!

これをバネにびよよ~んと飛躍しましょうかねぇ。

 

2月12日は今年初めての甲子です。

 

大黒様と恵比須様!

1年の塵と垢を水行で洗い流していただいて、パワーアップです。

 

お祀りしている大黒様と恵比須様をどうぞお連れくださいませ。

 

大黒様のお札も受けられますのでお申し込みください。

 

水行していただいた後には皆様で豆豆御膳をいただきます。

 

 






今年も大人気のこぞう君。

急に暑くなってきました。お父さんもお母さんも汗だくで一緒に写真を撮るので大奮闘。がんばれ!


こぞう君もきっと汗だく!だよね。






お会式の3日間はとても良いお天気に恵まれて沢山の方が池上本門寺にいらっしゃいました。

団参の方々もお題目修行をなされてお声もとてもしっかりと堂内に響いていましたよ。



今年の私は、泣き虫の虫がくっついていて困りました( 一一)

   ペットのお墓

家族同様に過ごしてきたペット達。

その別れは、突然にあっけなくやってきます。たくさんの想い出とたくさんの癒しをくれました・・・・。

いつでも会いにおいで!

                      

  第734御遠忌


今日11月1日は結社のお会式でございます!お天気が心配でしたが、何とか大丈夫そうですね。

今年は、和紙のお会式桜がちょっと寂しいかも・・・・。

次は、新しいものを作らなくては・・・。今頃反省・・・。



          お会式ですね。

10月は日蓮聖人がご入滅なされた月でございます。

東京都大田区にあります池上本門寺では、10月11日・12日・13日の三日間お会式をいたします。

沢山の万灯が参道を埋め尽くします。ご入滅の際に大地が震え、時ならぬ桜が咲いたということからお会式には桜の花に見立てて和紙で綺麗な桜の花を作って飾ります。

沢山の人々が、日蓮聖人を慕い心を寄せます。

私も三日間池上にて沢山のお坊さんと一緒にお経を唱えます!

そして11月1日には結社でお会式です。

法要後は、ビンゴゲームや信徒さんが焼いてくださる焼き鳥と焼きそば!とっても美味しくて毎回食べすぎます。どうぞ皆さまもいらしてくださいませ。

写真は昨年のお会式の時のものです。

本年度の盂蘭盆会施餓鬼供養が無事に終了いたしました!

今年は、沢山の信徒さんが参加くださり

本堂いっぱいになりました(*^_^*)

嬉しいですね~

 

 

 








 寺標が建ちました!

綺麗ですね。ほれぼれしますね。
毎日、しっかりお題目の声がしみこむように

頑張りますぞ~。





透き通るような蓮の華です。

良く絵画で描かれているような

そんな蓮の華でした!

とても綺麗です。。。。。


まだ蕾が三つあります。













始めての蓮が蕾を持ちました!

どんな華を咲かせてくれるのかなぁ。

とても楽しみなのです。

ワクワクドキドキ。。。。

身延での法要

 

4月24日・日蓮宗総本山身延山久遠寺にて

日蓮宗の女性ばかりの法要・・・

全国日蓮宗女性教師の会発足十周年奉告式法要を厳修いたしました。

女性だけの久遠寺大本堂での法要は、今回が初めての事です。とても貴重な経験でした。

平成27年度。

恵比寿さま・大黒さまの初甲子

のお祭りです。

豆づくしの御膳をお供えいたします。

大黒さまの1年の塵と垢を行水で落としていただき、更なるパワーアップを願って御祈願いたします。


お祭りの後は、信徒さん達と一緒に

豆づくしのご飯をいただきます。

 

 

 

 

 

ちょっと処ランチのお誘いです。


季節の素材を使った【ランチ】など如何ですか。


ここ法泉結社は、千葉のおへそにあたる養老渓谷近々に位置しています。このあたりの土は粘土質のなので美味しいお米、ミルキークイーンや千葉こしひかりが採れる地域なのです。


お野菜もとても美味しいですよ。こだわって作っています!とは言いませんが、おじいちゃんやおばあちゃんが楽しんで作っています、だからとても美味しい。きっとそんな温かな心持が伝わっているのかも知れません。


親子で営んでいるお豆腐やさんもあって、遠方より車で買いに来る方もいらっしゃいます。

一丁がとても大きいので、4人くらいでしたら一丁で十分だと思います。


もちろん【ランチ】にも使ってみようと思っています。

このお豆腐やさんの裏には、酪農やさんがあって牛さんがいます。朝早くペットボトルを持って行くと絞りたての牛乳を分けていただけます。とても濃くて美味しいです。この牛乳を使ってパンを作っているパンやさんがあります。そんな美味しいパンも【ランチ】のメニューにと思っています。もちろん牛乳もランチの大事な素材です。

 

結社では、美味しくその季節の“旬の素材”を使用し、美味しく楽しく食べていただきたいと願って作る、ちょっと処ランチです。 

問い合わせ housen_cyo@smail.plala.or.jp  

                    注・ housenの次は、_アンダーが入ります

 

 ※只今お休みをしています。ごめんなさい💦

   


話してください。。。。


何かあったら聞かせてください。

話すだけでも、悩んでいたこともきっと楽になります。

    嬉しい話は二倍になるし、悲しい話は半分になるかも知れません。

 

〝あなた〟も私も、誰かに支えられ、誰かを支えているのです。だから、頑張りすぎなくてもいいのですよ。

自分に甘くてもいいじゃない。

いつも前向きでいる必要もないのです。

ちょっと休んでみましょうか。。。。

人の痛み・・・・・・。

私のお寺は、秋になりますと、紅葉などで賑わいます養老渓谷から車で五分程のところにある小さなお堂です。お寺と呼ぶには小さく、お寺のような大きな屋根ではありません。日蓮宗では、そのようなお寺のたまごを結社というふうに呼びます。

 私は、ごく普通の家庭で育ち仏教系の学校で学んだ訳でもありません。そんな私が、どうしてお坊さんになったかと申しますと初めてこの法華経のお題目に触れたときになんとも不思議な体験をしたからなのです。そのようなことが、大きな理由です。

 人は、何かしら心の中に悲しみや苦しみを持っているものです。この社会で生きていくのはとても大変なことです。色々なストレスを感じて、日々の生活の中で気力が段々と薄れていき、自分の存在さえも否定してしまうのです。それは、とても悲しいことです。そのように苦しんでいる人の心を少しでも軽くできるのだろうか?救うことができるのだろうか?そんなことを自問自答する日々です。

 私はいままで相談活動をする中で色々な方と関わってきました。それによって自分の気持ちが救われることもあれば、ひどく落ち込こみ、一切の相談から逃れたいと思ったこともありました。なにか行動をするということは、そのことから得た喜びと同時に苦痛も生まれるものです。相手のことをわかりたいと思いつつ、分かり合えない悲しみにも直面するのです。

 

相手の要求することに答えたいと思っていますが、分かりあいたいと願いながら、分かり合えない現実があります。しかし、たとえ分かり合えなくても、そんな存在が救いになることがあるのではないかと私は、そう信じています。

 

ただ黙って話しを聞いてくれる。一緒に涙を流してくれる。それだけで、私自身も救われた経験があります。相手の話を受け止められないときほど、何か言わなければ、何か素晴らしいアドバイスをしなければ、話しを聞いてよい人だと思ってもらいたい、と焦り、余計なことを言ってしまうような気が致します。

 

誰かの話にじっと耳を傾け、その人の心の痛みのほんの一部を受け取ってあげること、それは、ありきたりの言葉で慰めること以上に難しいことかも知れませんが、もし相手が抱えている痛みにほんのわずかでも共有ができたなら、それはいつかその方にとって救いの一部になると思っています。それを願いながら私たちは、黙って思いを受け止めています。これからも思いを受け止めることができたらと思っています。

 

              福島の今を知る       

 

平成26年6月19日、久留里から早朝5時46発東京駅行高速バスに乗り、東京へ・・・・。

 

いよいよ福島に行きます。なるたけ余分な知識を持たずに行こうと思いました。

 

東京駅新幹線乗り場に一緒に行く仲間がいます。福島駅西口で他の仲間と合流いたしました。

 

駅に降りてみたら、なんとも爽やかで気持ちが良い日でした。

 

今回の研修会は、超宗派「僧侶の会」から福島の「今」を知るために福島県波江町のお寺の住職の手引きにより、実現いたしました。 

 

浄土真宗のご僧侶で160年の歴史があるお寺のご住職です。今回の震災と原発被害で強制退去を余儀なくされました。

 

とても大変な日々なのに、ご住職が自ら運転して、現地を案内してくださいました。

 

わたり町を通り、浪江町に向かいます。わたり町では、当時瑞龍寺の庫裡の2階は、濃度はひどい数字だったそうです。わたり町を通り川俣町に入りました。

 

川俣町の先には、食べる場所とトイレ等はまったくないので川俣町で昼食をとることにいたしました。川俣町はシャモが名物らしくシャモラーメンと書いてある看板を何回か見かけました。

 

この川俣シャモは、原発被害の時も廃校利用した室内飼育だったので出荷ができたのだそうです。

 

浪江町が近くなってくると、目立ち始めたものがありました。それは、黒いビニールの大きな玉です。それは、城壁のように綺麗に積み上げられているのです。1つの重さは、約1トン。

 

中身は、放射能で汚染された土を3cm取り除いたものが、詰められた物です。家の壁などは、拭くだけだそうです。これで良いのでしょうか。結局取り除かれた土は、山積みになったままです。

 

1410分・・・・・検問を通り、浪江町に入ります。

 

静かです。時が止まっているように思えるぐらいに静かです。一気に計測器の数字が上がります。 

 

私が感じたことは、排気ガスや生活排気がない為なのか写真で例えればピンボケでは無くて、木の緑や建物がはっきりと見えるのです。確かに放射能で汚染されているのに・・・・・。

 

  あの日あの時まで、何時もと変わらなく過ごしていたのに突然にそれはやってきました。家人が帰れない家には、丹精して育てたと思われる庭の花々が綺麗に咲いていました。その花の色は、鮮やかな赤であったり、黄色であったり、その花の色が鮮やかであればあるほど切なく、悲しみで胸が詰まりました。

 

90日に1回の立ち入り許可のみの上津島町。確かに通過しているときの測量計の数字は2.33.07.38.6・・・・・・トンネルを出たら数字は0.・・・・・台に。くぼんだ所は溜まるので数字が高いそうです。当時、開通間近だった高速道路も除染をして近々開通をするそうです・・・・・。

 

広畑上人のお寺も酷い被害を受けています。太い梁も歪み、裂けています。あの時の地震の揺れの凄さは計り知れません。庫裡の台所には当初、豚が残っていた食べ物を食べて住んでいたそうです。

 本当に痛ましい限りです。放送が流れます「・・・・・・4時までにこの場から出るように・・・・」

 

 浪江町請戸漁港は、今も当時のままでした。建物の土台だけを残し、車などその津波に押し流されその姿はスクラップ状態です。それは酷く錆びて、見ると悲しさが増します。・・・・あの時のそのままのような気がいたしました。

 

何も変わっていないのです。帰途困難地域ではなく不可能なのではないかと思えるような情景でした。

 

南相馬市原町で、人が行き交うのを見て不思議な感覚を覚えました

 

原発被害を受けた地域での生活はとても困難なことが伝わりました。

 

二枚目の写真は、除染をした土です。

除染は土地の土を3㎝取り除き、建物は拭くだけだそうです。
その取り除いた土は、浪江町の土地に黒ビニールに詰められて、山積みになっています。1つの重さは約1トン!

 

半 断 食

日蓮宗の千葉南部の女性教師主催の『夕飯と朝食を食べない半断食』に参加してきました。


くいしん坊の私にとって断食は・・・・と思っていましたが、そのタイムスケジュールのなかに『ヨガと瞑想』があり、とてもリラックスできました


《ありあまるごちそう》http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/というタイトルのDVDを見たときには、今の自分たちの食生活が恐ろしくなりました。10年先には食糧危機になると言われていますが、それもうなずけるような内容でした。私たち人間がとった恐ろしい行動です。


私たちが安い食材を望む以上このような行為は繰り返されていくのです考えさせられました・・・。


半断食の後にいただいたお粥です。


玄米粥と糠漬け、手作りの梅干し。何といってもこのお味噌、美味しかったです《ごぼう50g・れんこん50g・にんじん50g・生姜20g・お味噌220g》・・・ごぼうからごま油で炒めていき、最後に味噌を入れ、よく合わせながら炒める。


とってもお粥に非常に合いました!美味しかった。

一緒に食事の食材のことを考えてみましょう

法泉結社も会の活動に参加しています。

〒290-0533 千葉県市原市折津 5-1 日蓮宗 法泉結社 問い合わせ電話 0436-50-8188

All Right Reserved. Copyright(C) 法泉結社 Since 2010

これでも真面目

いや~焦りますぅ。ブログ世界進化しています。・・・・・

自己紹介をしたいと思います。ここは千葉のあの紅葉で有名な養老渓谷にあります 日蓮宗 法泉結社と申しまして決して、街宣車で街角にいる硬派とは違います・・・悪しからず。

この田舎で日々楽しく暮らしている僧侶です(※注=遊び呆けている訳ではありません)

小湊鉄道の沿線にある上総大久保駅から徒歩20分くらいの所に法泉結社があります。道路から少し下っているので用があっていらっしゃる方は、必ず迷います。すみません。そのうちに結社の案内看板をドデカイ看板を作りますのでもう少し待って下さい。

家族を紹介いたします。
1、少し大きめの謎の物体一体・・・・これが、かなり手強い。《別名 配偶者ともいいます》
2、昭和一桁の岩窟王の婆ちゃん。日々未熟な小生は鍛えられています
3、生まれて11年目になるダックスのワイヤー君が一匹、ワイヤーちゃんが一匹、そのお母さんで12年目のワイヤーが一匹、まだまだおるよ。道路のセンターラインにいた黒白の猫が一匹。外猫(半野良)の黒猫が一匹。
とても賑やかですが、人生色々勉強させてくれる楽しい家族です
 
ワイヤーちゃんは、お母さん。ワイヤー君、ワイヤーちゃん・・・・・虹の国へと旅立ちました。
ありがとう❢とても楽しい時間をありがとうね。
 

 

建長寺に行って参りました沢山の小学生たちが、見学にきてましたよ。
鎌倉てらこやについてお話しを伺いました。お寺と地域が一体となり、未来を担う子供達、今を担う若者たちが、同じ時間を共有して過ごす。・・・・とても素敵なことです。

我が結社にも是非と思うのですが・・・・最大人数参加の子供達99名、ボランテァその数以上・・・・あ~無理よねぇ


考え違い思い違い。。。

 2013-06-25(Tue)

 

ある人が、『そんなに困ったことがあるならお経をあげれば、なんとかなる筈だよねぇ。』
・・・と。確かに信をもって唱えれば必ず神仏は、道を示してくださいます。
しかし、考え違い、思い違いをしていれば、神仏は、道を示してはくださいません。


例えば考え違い、思い違いを教えてくださっていても、気が付かなかったり、人任せにしていたり、逆にうまく事が運ばないことを恨んだりすれば益々神仏の思いと離れて行ってしまいます。
物事につまづいたら、何故思いが通じないのか、思い通りにならないのか、考えてみても良いかもしれないですね
奇跡のリンゴ

 2013-06-10(Mon)

 

見ましたなんとも久々に心が綺麗になるような映画でした
色々と考えていた私の背中を『そっと・・・・ではなく、ドント押してもらえました。』
映画の中で阿部サダヲさん演じる奇跡のリンゴを作った木村秋則さんが、リンゴに木に話しかけるシーンは『生きとし生けるものそそぐ光と影・・・』・・・涙があふれてきました。そう・・・法華経の世界ですよね
頑張ってリンゴの花が咲いたときに一本だけ花をつけていない木が、ありました。木村さんが声を掛けなかったリンゴの木・・・・。すべての命あるものは、私たちの心を理解ができるのですね
是非『奇跡のリンゴ』・・・・ご覧になってみてください


意業受持

 2013-06-09(Sun)

 

意業受持・・・意(こころ)に私は法華経を信心して行こうと決心することなのです。
心で唱えるお題目を言うのです。
「心で唱えるお題目」の心って信心の心、帰依(依り頼む=信仰する)渇仰(深く仏を信じること)の一念です。
お釈迦さま・お祖師さまに恋慕渇仰して「一心に仏を見たてまつらん」と思う一心。
その「信」から唱えるお題目は、仏さまの大慈大悲に報恩感謝の思いと懺悔滅罪の思いです。
仏さまへの信の心があるところには、南無妙法蓮華経のお題目は自然と口より流れ出ると思います。

寒いですねぇ。。。。。

2010-12-28(Tue)

いや~今日の寒いこと。水行場に氷がはっていましたよ
 
本格的な冬到来ってとこでしょうか。

近くのお寺さんでは、大晦日に“甘酒・とん汁・焼き芋”供養をするそうですよ。中々頑張ります。うちのお寺は、“甘酒”だけ・・・・・

しかしあたいの素晴らしい笑顔でお出迎えです。

色々なことが、テンコ盛りの年でした。あたいにとって指針の年でしたねぇ。結構しぶとく生きています。
 

 

我が家の家族

ずいぶん寂しくなっちゃいました。

ワンコのちょび母さんや子どものももちゃん、小太郎くんが、虹の国に逝きました(涙)

ずっと一緒だった。色々悲しいことも楽しいことも一緒だったから・・・・。

今は、ニャンコが3匹+1匹。この子たちの為にも元気でいないとね❢